音々Pのボーカロイド雑記やあおいとりのうたの更新情報など

あおいとりのうたブログ



【動画】胎内の宇宙~inner Universe~

【 胎内の宇宙~inner Universe~ 】 公開中



■ 作曲 音々

久々にインスト曲を作りました!「宇宙」をテーマにニューエイジでアンビエントな壮大な癒し系音楽です。眠る前にオススメですよ!ばっちりα波が出てます!w
この曲は音の立体感と臨場感がものすごいです。スピーカーで聞いてもいいのですが、是非ヘッドホンで聞いて頂きたい一曲です。目を瞑って聞くとより一層良いです。平衡感覚がなくなり、無重力の宇宙空間を遊泳しているような気分になれます!


この曲についてつらつらと。
実はあおいとりのうたには「宇宙」そのものをテーマにした曲がないことに気付きました。森羅万象がテーマの曲はあるんですが、どちらかというとそっちは「世界に存在する命たち」というニュアンスで作ったので、宇宙そのものではないんですね~。
なのでいっちょ宇宙宇宙してる音楽を作るか!って感じでこの曲を作り始めました。
あとシンセパッドが主役の曲っていうのを作ってみたくて、こんな音楽になりました。
この曲における宇宙とはタイトルからわかるように外側に広がる宇宙ではなく、「人間の内側に広がる宇宙」というものをテーマにしています。
人間の内側って宇宙そのものだと私は思うんですよ。精神面もそうだけど、特に子宮というパーツ。
このパーツの中で新しい命が生まれて育って…って、まさに神秘だと思うのですよね~。
神々は一体何を考えてこのパーツを設計したのか?そんなパーツが何故自分の中にあるのか?って考えたら何だか途方もなく壮大な宇宙そのもののような気がして…それを音にしてみました。
この曲は作曲編曲にはそんなに時間がかからなかったのですが、ミキシングにめちゃくちゃ時間がかかりました。
音に立体感を持たせるためにはどうしたらいいのかというのを手探りで探していたので、かなり苦労しました^^;
でもお陰で宇宙そのもの!って感じの音が作れたと思います。

そんなわけで、是非聞いてみてくださいネ!
  1. 制作物・投稿動画
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト


【動画】都合のいい嘘と言い訳~ピアノアレンジ~

【 都合のいい嘘と言い訳 ピアノアレンジバージョン 】 公開中



■ 作曲 音々

■ イラスト カグラ様

というわけで先日公開した初音ミク曲「都合のいい嘘と言い訳」のピアノアレンジバージョンを作りました!音源のダウンロードはこちらより→http://www.aoitorinouta.com/sozai/01_piano.html

原曲はこちら↓



編曲中、息抜きにこの曲を癒し系ピアノアレンジして遊んでいたのですが、これが予想以上にいいものになりそうだったので、折角なので形にしてみました。
アレンジの方向性としては、恋愛モノのテレビドラマの感動シーンで流れるようなイメージです。
元曲は様々な楽器を使って華やかなアレンジにしましたが、このアレンジはその真逆を行っています。とにかく余計な音を削ぎ落として、空気に溶け込むような、存在感のない音楽にしました。生演奏だから表現出来る1/fゆらぎにとことんこだわりました。

---ここからつらつらと語り---

とりあえず、原曲にはこんなストーリーがあります→http://aoitorinouta.blog.fc2.com/blog-entry-774.html

セックスフレンドである「僕」と「君」の関係性について、「僕」の視点で展開していくのが原曲です。
このアレンジは原曲と対となって、「君」の視点から見た「僕と君の関係性」を音で表現しています。
彼女は自分のことを「人に愛されるに値されない人間」「男に都合良く扱われる程度のゴミのような存在」だと思いこんでいて、「自分がゴミである」ことにプライドを見出し、その哲学を徹底して貫き通そうとしているのですが、そのプライドこそが彼女にとって「都合のいい嘘と言い訳」だったのです。
セフレなんて好きになったって自分が辛い想いをするだけ。なら好きだの愛だの恋だの、そんな感情は全て捨てて押し殺して「僕」に何も望まず、「僕」の性欲処理に徹する都合のいい女でいればいい。自分で自分を傷付けて痛みを飼い慣らしてしまえば、そのうち痛みなんて何も感じなくなる。そうすれば自分は傷つかないで済むから。彼女はそう考えています。

等身大で生きられない弱さ。自分の気持ちを嘘と言い訳のハリボテで防衛しようとする弱さ。
割り切っているように見えて其の実無意識下では割り切れていないアンビバレントな気持ちの揺らぎ。
1/f揺らぎにこだわった理由がそれです。

「僕」も「君」も自分の気持ちを偽っているという点が共通している似た者同士なので、案外この二人は騙しあいながらも最終的に上手くいくんじゃないんですかねと作者の私は思います(笑)
  1. 制作物・投稿動画
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


【動画】都合のいい嘘と言い訳

【 都合のいい嘘と言い訳 】 公開中



■ 作詞・作曲 音々

■ イラスト カグラ様

初音ミクによるバンドサウンドなポップス曲です。
あまり音々Pっぽくはありませんが、キャッチーでとっつきやすい曲だと思います。
「音々Pはこんな曲も書けるんだぞ!」という意気込みで作りました。

曲のテーマは『身体から始まる、不健全で歪な関係』。
身も蓋もない表現をすれば、ずばり「セフレ(セックスフレンド)」がテーマです。身体から始まる恋愛も世の中にはあるんだよ(過去の実体験)

物語は「僕」の視点のみで展開していきます。
単なる身体目当てで「君」に近付く「僕」。所詮女なんて、自分の欲望を満たすための道具に過ぎない。「君」だってそうだ。
「こいつならすぐヤらせてくれそう」。「僕」の目には「君」がそういう風に映った。
都合のいい女として「君」を利用して、飽きたら捨てちゃえばいーや。そんな軽い考えで「君」に手を出した「僕」。

「所詮自分は男にとって都合よく扱われる程度のゴミみたいな存在だ」と思う、自尊心のない「君」。
「君」は「こんなゴミみたいな自分にも、都合良く使われる程度の利用価値はあるんだ。こんなゴミを使ってくれるなんて、なんていい人なんだろう。」と簡単に股を開く。
都合良く利用されてヤリ捨てされても何とも思わない。だって自分は人間未満の「ゴミ」だから。
ゴミにはゴミの振舞い方がある。人間扱いなんてそんな勿体無いことしてくれなくていい、私は「ゴミ」であることを貫きたい。

そんな奇抜な振る舞いをする「君」に「僕」は戸惑いを覚えてしまう。

「こんな女見たことない。」

都合良く扱いやすそうな女かと思ったらこいつはとんでもない女だ。
でも何だか、気になってしまっていつの間にか目で追いかけてしまう自分がいる───


まあ、そんな感じのストーリーです。
何でこんなストーリーが浮かんだのかは自分でもよくわかりません。
ある日突然「都合のいい嘘を列べて」という歌詞と共にメロディが降ってきました。
編曲出来るか不安だったんですが、何とか形になりました。

そんなわけで、是非聞いてみて下さいネ☆
  1. 制作物・投稿動画
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]


【動画】望郷の郷、線香花火が消える時

【 望郷の郷、線香花火が消える時 】 公開中

【初音ミクバージョン】


【インストバージョン】


■ 作詞・作曲 音々

■ イラスト 音々

和風ノスタルジックな癒し曲を作りました。めっちゃα波出てます。
季節的には夏の終わりのイメージです。優しくて儚い旋律。
故郷に帰った主人公が、故郷にいる幼なじみと線香花火に興じている中で何かを思うとかそんなストーリーです。たぶん(適当)

この曲は元々インスト用に作りました。
某氏より「和風ノスタルジックな曲を」とのリクエストを受けて作りました。
で、作ってるうちに歌詞がふわっと降ってきたのでミクさんにも歌わせてみることにしました。
そんなわけで、インストバージョンの作業用BGM動画と、初音ミクバージョンの動画と、二つアップすることにしたのです。
空気に溶け込むようなサウンドなので、寝る前にオススメです。

そんなわけで、是非聞いてみてくださいネ☆
  1. 制作物・投稿動画
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


【動画】蝶番

【 蝶番 】 公開中



■ 作詞・作曲 音々

■ イラスト 音々

初音ミクによる可愛らしく優しい響きのオーケストラバラードです。
約6分という少し長めの曲です。
ちなみに蝶番とは「物事を繋ぎ留めるもの」という意味です。素敵な単語よね。

実はこの曲、元々はピアノとオルゴールのシンプルなインスト曲でした。

元ネタ曲はこちら→http://www.aoitorinouta.com/sozai/mp3/pf/p003_tsugai.mp3

個人的にあおいとりのうたの中で気に入っている曲上位に食い込んでいる曲なので、歌モノにしてみたいと思って編曲し直しました。
編曲データはかれこれ10年前くらいに作ったんですが、何となく日の目を見る機会がなくて腐らせていました。もったいないのでミクさんに歌って頂きました。
歌詞も10年前に書いたのですが、あまりにも曲調に合わない、暗く胸糞の悪い内容だったので全部没にしてフルリメイクし直しました。
歌詞のあらすじとしては「森で生きてきた女の子が広い世界へ旅立ち、自由な旅人さんと出逢って世界を知って…」そんな内容です。
物語の続きは歌を聞いてみてね!


---ここから制作裏話(オタ要素を含みます)---

実はこの曲、歌詞にモデルキャラがいます。
ロマンシング・サガ・ミンストレルソングのグレイとクローディアです!
この二人をモデルにするのは多分3回目くらいです。

ちなみに
一回目「風の守り人」



二回目「泡沫、幸福の残像」



この曲はクローディア目線で歌詞を書きました。まあ聞けばわかる。
ミンサガを知ってる人はニヤニヤしながら曲を聞いていってね!
この二人もう好きすぎてつらいです。
「実は高貴な身分だったお姫様」と「身分に囚われない自由な旅人」って組み合わせほんと良い。属性が対照的なカップリングって大好物なんですよ!色々妄想が捗る。
駆け落ちさせても良し、お姫様を影となり日向となり護衛する騎士にさせても良し、高貴なお姫様をメス堕ちさせるも良し(コラ)で、色々なシチュエーション想定出来てほんと夢が広がりまくりんぐです。

尚この曲の歌詞を書くにあたって参考にした二次創作小説サイト様→http://ma.ccnw.ne.jp/natural-fountain/index.html

ここのグレクロ小説がめちゃくちゃ素敵すぎるので、是非見てみてくださいね!
そんなわけで、曲もお楽しみくださいませ☆
  1. 制作物・投稿動画
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

音々P@あおいとりのうた

Author:音々P@あおいとりのうた
音々Pという名前のボカロPやってます。
お肌の曲がり角を過ぎたしがない女DTMerです。
おまいらまとめてα波まみれにしてやんよ!

連絡先→
aoitorinouta.nene
♪gmail.com
(♪→@)

最新トラックバック

« 2018 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -