音々Pのボーカロイド雑記やあおいとりのうたの更新情報など

あおいとりのうたブログ



09/29のツイートまとめ

aoitorinouta

音々Pも参戦してますので是非みなさま遊びにおいでませ☆
09-29 23:22

久しぶりに実家に帰ったら玄関でカエルがお出迎えしてくれたよ!すっとぼけた顔がなんかカワイイw http://t.co/FqFvy3KC
09-29 23:17

  1. Twitterまとめ
  2. / trackback:0
  3. / comment:128
  4. [ edit ]
スポンサーサイト


09/28のツイートまとめ

aoitorinouta

そして私はケツに火がつかないと本気出さない人間だと改めて認識した。おちりぺんぺん。
09-28 19:51

あれ、1/3要項はキャッシングだったっけな。クレカ社員時代にその辺の研修の話を聞いた気がする。研修を受ける前に辞めたからうろ覚え
09-28 08:57

マスコミが安部ちゃん叩いてるのって、マスコミ様の大スポンサーであった貸金業界にダメージを与える時限爆弾を仕掛けたからじゃないかと思っている。(貸すのは年収の1/3まで、グレーゾーン金利規制→貸金業界利益ダウン→貸金業界からマスコミに流れるお金が減る→マスコミ様ファビョーン)
09-28 08:53

そうか、カツカレー騒動はカレー業界のステマだったのか。なんとけしからん___(棒読み
09-28 08:41

×うっかりする一瞬と ○うっかりすると一瞬   音々Pがうっかりさんや…orz
09-28 00:23

サイトをちまちまと改築中。いまさらファビコンとかいうものを設置した。うっかりする一瞬とツイッターのファビコンと見間違えてしまう。w
09-28 00:22

  1. Twitterまとめ
  2. / trackback:0
  3. / comment:145
  4. [ edit ]


09/27のツイートまとめ

aoitorinouta

視覚情報は印象が一瞬でパッと頭に残るから絵師さんとか裏山。音楽とか何秒かは聴かないと頭に残らないもんね。なんとも贅沢な娯楽だと思う。(時間の消費が贅沢という意味で)
09-27 13:46

イメージ戦略において誰が見てもわかりやすくて、簡潔シンプルなデザインはやっぱ強いんかね。
09-27 13:37

とてもわかりやすいサイトのロゴマーク(自分のとこのHPならサイト名があおいとりのうたなので青い鳥をモチーフにしたロゴ)を作ってサイトバナーに使ってみたりしたらなんかアクセス数がちょっぴり上がった気がする。
09-27 13:33

  1. Twitterまとめ
  2. / trackback:0
  3. / comment:168
  4. [ edit ]


09/26のツイートまとめ

aoitorinouta

人に何かを伝えるって、すごーく難しいよな。作詞出来る程度には国語力を兼ね備えていても難しい。
09-26 23:42

大根おろすのって地味に力作業で疲れる…腕がいたいです(^q^)
09-26 20:52

ぴちぴちでうまそーなさんまが88円だったので今日の夕飯はさんまの塩焼きに決定です。ビバ!特売!特売!
09-26 17:48

あおいとりのうたのブログ(あったんか!)をlivedoorからFC2にお引っ越ししました。ボーカロイドの調教講座とか音楽理論の解説とかやりたいなぁ~と思っていますが、亀の歩みになる可能性大ですヨロシコ(笑) http://t.co/mHehizdN #aoitorinouta
09-26 13:30

  1. Twitterまとめ
  2. / trackback:0
  3. / comment:294
  4. [ edit ]


GUMI「だ行」の処理方法

これ、いつも悩むのは私だけじゃない…ハズ。
だ行の滑舌の悪さはGUMIの致命的な欠点…


じゃあ解決法がないのかといえばそんなことはないのです。
幾つかあるけれど、

・だ行のことばの前に非常に短い「d」の音素記号を挟む
・        〃          「t」の音素記号を挟む
・VEL値を極端に小さくして子音にアタック感を持たせる
・だ行の発声直前のDYN値を極端に小さくする、もしくは0にする
・別のトラックに入力する

などなど。
前後の言葉のつながりによって響き方は変わるので、これらの方法の中で最適なものを探っていくわけです。
必要であれば複数の方法を織り交ぜたり。

で、今回発見した新しい方法!

・だ行のことばの前に「ら行」の音素記号、「4」を挟む

場合によってはこれが意外とイケる…!
なんのこっちゃーい、やり方がよーわからん!と疑問を持つと思うので具体的な入力方法は下の図を見ればヨロシ。

だ
(画像クリックで拡大)

↑の画像では直前のDYN値を0にする方法も取り入れてます。
「なんでら行の音素記号?」と思いますが、何故かこれがうまくいくケースがあるんです。
そういうものだと思ってください。

______________


↓ ↓ ↓ ここから小難しい考察のお話 ↓ ↓ ↓

多分、GUMIは子音の「d」の響きが弱いのよね。
どっちかというと「ら行」の子音の方に近い響きの「d」なのよ。
濁点の濁る響きをいまいち表現しきれなかったインタネ社の落ち度!(笑)なんちって。
嘘です。


インタネ社の落ち度(笑)はどうでもいいので話を戻して。
自分で発音するとわかるけど、「だ行」と「ら行」って近い響きなんだ。
どっちも発音するとき、舌を上顎(上の前歯)に当てて発声するのです。
だから必然的に響きも近くなる、と。

ことばの直前に同じ子音の音素記号を重ねて子音の響きを補強するやり方があるなら、似たような響きの子音を重ねても同じような効果が発揮できるのではないだろうか?
と私は考えた。そして試したらなんか上手くいった。
ラッキー!みたいなw



参考になるかはわかりませんが「だ行」の処理でお悩みの方は是非試してみて~。
  1. ボーカロイド調教講座
  2. / trackback:0
  3. / comment:327
  4. [ edit ]


VY1の特性(メモ)

にゃっぽんからの覚え書きメモ。

☆VY1の特性

・ベタ打ちでも割とよく歌ってくれる。

・滑舌がけっこういい。

・「ボカロにアニヲタ臭はいらねぇ!」という硬派さん向け

・アニメ声っぽさを抜いた初音ミク(操作性の面から見て)

・なので初心者にも使いやすいと思う。上級者にとっても、追求してて結構面白いボカロだと思う。

・各パラメーターが気持ちいいくらいよく効いてくれる、特にビブラートの効き具合が半端ない。

・その特性のため、パラメーターの調整具合を誤ると急ブレーキをかけた電車内で、慣性の法則によってすっ飛ばされて転んだ人みたいなことになる。
なので、繊細なパラメーター入力が必要になることも。

・例えば「C#・D♭」のように、押さえる鍵盤が同じでもニュアンスの違う音をピッチベンドで上手く調整してやると人間っぽさが出たりする。

・言葉の並びによっては「ん、滑舌が怪しいゾ…?」となる時もある。そんな時は、メグッポイドのノウハウの応用も可能である。(音素記号単体で、ごく短い長さの子音を音符と音符の間に挟むという手法や、直前のDYN値を0にする…など)

・鼻子音(な行、ま行)がちょっと弱いかもしれない。解決方法考え中。

・声質的に中音域が映えると思う。E4くらいまではギリギリ大丈夫だと思うけど、それ以上はちょっとキツいかもしれない。


VY1を擬人化すると、純情だけど縦横無尽、ちょっぴりドジっ娘☆な体育会系元気娘。
パッケージはお上品なお嬢様っぽいのに、いざいじってみたら意外と元気娘だったわよ。
でもじゃじゃ馬かっていったらそうでもない。どっちかというと壁に激突しないと止まれない猪の方が近いかとw
服装とかは黒髪に、袴。着物より袴のイメージの方が私は強い。
女の子の袴は萌え~だよねぇ…www
  1. ボーカロイド調教雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:103
  4. [ edit ]


耳コピのテクニックのおはなし

音楽系アビリティには幾つか種類があって、作詞作曲、演奏、編曲、Mix等色々ありますが、私が持っているアビリティの中で、多分「耳コピ」が一番ズバ抜けていますw
うわーなんて地味なアビリティwwwうはwww
でも5歳の時には既に人の演奏を聞いて自分で弾くことが出来たニダ。
筋金入りの地獄耳なのよw


そんなわけで耳コピのコツ…というか、少しだけ耳コピが楽になる、かもしれない小技と知識のご紹介をば。
私がやりやすい方法というだけなので他の人がやりやすいかどうかは知ったこっちゃありません(笑)
あくまでも選択肢の一つとして。
これからカバー曲作るんで耳コピする必要がある~なんて人は読んでおくと作業が「少しだけ」楽になるかもしれませんw
楽にならなくても謝罪と賠償は請求しないで下さい(笑)
ちなみにこのやり方はコードなんかの基礎知識を知っている人向けのやり方です。
耳コピするような人なら基礎知識はあるだろうという勝手な前提の元でお話を進めます(笑)


まず曲をコピーしようと思ったらその曲のキーを知ることから始めます。
絶対音感持ってる人なら一発でわかるでしょうが私は相対音感しか持ってないので、これは一番聞き取りやすい歌のメロディーラインを拾って聞き、使われている♯、♭の数を把握します。
♯も♭もなければキーは【:C】、♯が1個ならキーは【:G】…と決まってますので、♯と♭の個数がわかれば自動的にキーもわかるのです。
一応まとめておきましょう。

#♭の数    キー

# x0  →  【:C 】
# x1  →  【:G 】
# x2  →  【:D 】
# x3  →  【:A 】
# x4  →  【:E 】
# x5  →  【:B 】
# x6  →  【:G♭】

♭ x6  →  【:G♭】
♭ x5  →  【:D♭】
♭ x4  →  【:A♭】
♭ x3  →  【:E♭】
♭ x2  →  【:B♭】
♭ x1  →  【:F 】
♭ x0  →  【:C 】

因みに、この流れの法則を「サイクルオブフィフス(Cycle of 5th)」といいます。
響きがかっちょいいね。サイクルオブフィフスw
図解にすると↓の画像のような感じになります。

サイクルオブフィフス
(画像クリックで拡大)

Cから始めて…完全5度ずつ移動していくと綺麗に一周して元の位置に戻るんです。
数学ちっくですねぇ。


で、話を戻して…
キーがわかったら次に大事なのが「ルート音」。
曲の中で一番音域が低いラインで、楽器でいったらベースです。
なんでルート音が大事かというとコードの進行過程において、ルート音の「流れ」がコード進行を決定する最重要要素だからです。ルートって「根っこ」って意味だしね。
で、ルート音さえわかればだいたいコードは自動的に決定します。

基本的にコードの構成音は、キーがメジャーであれば

Ⅰ △7
Ⅱ m7
Ⅲ m7
Ⅳ △7
Ⅴ 7
Ⅵ m7
Ⅶ m7(♭5)

なので、このⅠとかⅡの数字部分にルート音を入れていけばあら不思議、芋づる式にコード進行の完成です(笑)
因みに世に出回っているポップス音楽は、大抵メジャーキーです。(マイナーキーはちょっと特殊なのでここでは割愛します。)


一つ例をあげておきませう。


例)キーが【:C】で、ルート音の流れが「D → G → C」の場合

【:C】の音階は「 C 」「 D 」「 E 」「 F 」「 G 」「 A 」「 B 」

「D」はⅡ度、「G」はⅤ度、「C」はⅠ度なので上の表に当てはめると、コード進行は

Dm7 → G7 → C△7

になります。あら簡単!www
7thの音がない場合は「7」をとっぱらっちまえばいいだけの話です。
上の表にないコードが出た場合は、その都度聞きなおして把握していきます。転調があればそれも把握してゆく。


コード進行さえわかってしまえば後は楽です。コード構成音を基準に、その上で音が鳴っているか、下で鳴っているかで細かい部分を判断できます。
これの繰り返しでコピーできるって寸法です。

完璧な再現は原曲と同じ機材を用いないと難しいですが、手持ちのシンセ1台でもこのぐらいの精度にはなります↓
(この動画はオケを全部耳コピして作ったものです。完全コピーはちょっと無理だったけどだいたい合ってるはず…)



ちなみにコピー元はこの音源のバージョンの「夏影」↓


…とまあ、以上です。異常です(笑)
役に立つ保障はしませんが(笑)参考までにドゾー。
  1. 音楽理論に関する話
  2. / trackback:0
  3. / comment:201
  4. [ edit ]


ボカロエディタの1/50秒の化学反応的ななにか。

にゃっぽんからの覚え書きメモ。

テンポが168の時の64分音符の長さって秒に換算するとだいたい1/50秒+αぐらいなんです。
っていってもあまりピンとこないかもしれないので小数点表記しておくと0.022秒くらい。
テンポ168は今ボカロエディタで打ち込んでいるテンポが168だからそれで計算してみた。(曲のテンポは84だけどより細かい調整のためテンポを倍にして音符をテンポ84の時の倍の長さで打ち込み。これで尺は合う計算ってわけ。)
64分音符で計算した理由はエディタのクオンタイズ機能の最小値が1/64なので。(off除く)


まあこんなもの計算してる私ってどんだけヒマ人なんだよとか、そういうツッコミはなしの方向で(笑)
気になったことがあれば納得いくまで調べないと気がすまない人間なので(笑)

どのみち日常生活では滅多に意識しない、ごく僅かな一瞬です。
でもこのほんの一瞬の時間が、ボカロエディタ上でわけのわからん化学反応を起こすことがあるんです…
このほんの一瞬の時間に子音の音素記号一つ挟むか挟まないかで滑舌が良くなったり、逆に悪くなったり。
ひどいとその”一瞬”を含むフレーズ全体に化学反応が波及して、画面上ではメインメロディとコーラスがぴったり重なって歌っているはずなのにコーラスのテンポが遅れて聞こえて、大変気持ちの悪いことになったり…


あの現象が一体何なのか未だによくわかりません。
同じようなことを体験した人はいるのだろうか…
  1. ボーカロイド調教雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:171
  4. [ edit ]


Lilyの特性(メモ)

にゃっぽんの過去日記からの覚え書きメモ。

■発音に関するアレコレ

・「ざ」行(発音記号『dz』)が弱い。弱すぎる…
・「か」行、前後の言葉が何かにもよるけど声質が変わることがある。野太くなるっちゅーか…
・「さ」行が時々ぁゃしぃ(「ざ」に聞こえたり…オケとの兼ね合いにもよるっぽいけど)
・発音記号『tS』と『ts』の区別がつきにくい?(「ち」と「つ」ですね。)「ち(tS i)」を入力したとき、「ち」じゃなくて「つぃ」に聞こえることがある。
・歌のド頭に「つ(ts M)」を持ってくると微妙に「ちゅ」に聞こえることがある…


■主観的な印象アレコレ

・人間の声に近づけようとするよりは「モロ機械音です」みたいのを前面に押し出した方が映えるかも。
・個人的にはLilyたんの声なら高い音域よりは低い音域の方が好み。合唱パートでいうならアルトくらいの領域。
・ていうかLilyさんはやっぱり低音域が映える。Lilyはんに歌わせる時は曲のキーを低めに設定するといいと思う。


とりあえずRotten Liliesを作ってみての感想。
この感想は音々Pの勝手な主観に基づくもので全ての人がこのように感じるというわけではありません!(キリッ



以上あまり参考にはならない個人的メモですた。
  1. ボーカロイド調教雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:298
  4. [ edit ]


【動画】 白夜

【 白夜 】公開中



■ 第7回MMD杯で初公開の新曲です。
 ・作詞/作曲 △P
 ・編曲/ボーカロイド調教/MIX 音々P

・使用ボーカロイド:VY1
△Pとのコラボ曲です。
第7回MMDに参戦した作品です。
ちょっと鬼束ちひろテイストの入ったバラードです。

思えば2010年の10月にピアノアレンジの打診を受けたわけですが。
年末までに仕上げる予定が仕事だ納期だ〆切だに追われて結局仕上げられず。
間に合わなかった…ならばいっそ時間をかけてクオリティを上げてしまえ!編曲とMixとVY1はマカセロー△Pは動画に集中せよ!
ということで、ようやく日の目を見れた作品です。
  1. 制作物・投稿動画
  2. / trackback:0
  3. / comment:315
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

音々P@あおいとりのうた

Author:音々P@あおいとりのうた
音々Pという名前のボカロPやってます。
お肌の曲がり角を過ぎたしがない女DTMerです。
おまいらまとめてα波まみれにしてやんよ!

連絡先→
aoitorinouta.nene
♪gmail.com
(♪→@)

最新トラックバック

« 2012 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -